ホームページ作成教室・スクールと勉強法

いつもお世話になっております。
大阪で、ホームページ制作兼ホームページ作成教室で講師をやらせていただいている鈴木です。

今日は、ホームページ作成教室をやっていて思ったこと、わかったことを色々と書いてみたいと思います。

ホームページ作成教室の生徒さんの内訳

2月は、計30人の方にお越しいただきました。(のべ90人ほど)
いつもお越しいただきありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、2月の間に教室にきていただいた方々30人の”ホームページ作成教室に通う動機”を調査してみました。

1.WEB担当

32%の方がWEB担当者です。
自社サイトの管理を任されたり、自社サイトの作成を任されたりした方々です。
ほとんどの方が、初めてホームページを触るという感じです。

2.WEBのお仕事をしたい

26%が、WEB関係でお仕事をしたい、自分のネットショップを開きたい、という方々です。
会社員からフリーターまで、様々な方がこられていますが、やはり多くの方はネットショップに興味があるようです。

3.ホームページ制作に興味がある!

17%の方が、ホームページ・WEBに興味がある!という動機です。
これからの時代、何の仕事をするにもホームページやWEBには詳しくありたい、という考えのもとこられています。
自分でどんどん学習していく方が多いです。

4.自社サイトを作る・管理したい

15%の方が経営者で、自社サイトの管理をしたく、教室の方に来られています。
既に、自社サイトをお持ちの方がほとんどですが、やはり自分で管理したい!という方が多いです。
特にSEOに関しては、非常に興味を持っている方が多く、いかにして自社サイトに人を集めるかという戦略を日々考えられています。

5.ホームページ制作会社

9%の方がホームページ制作会社で起業されている方です。
ちなみに、全員弊社のスクール出身の方です。最初に来られた時は、初めてホームページを触ったくらいだったのが、今では、お客さんのホームページを作っている立場になっています。
とても感慨深いものです。

graph

これからホームページを勉強するには

ユナイテッドユースのホームページ作成教室へ、是非お越し下さい。

で、終わってはあまりにもアレなんで、ホームページ作成の勉強において、是非とも押さえておきたいポイントを箇条書きにしてみたいと思います。

本で勉強しようとしない

本で勉強することが悪いことではない、というのは最初に言っておきます。
では、何で本を買って勉強しない方がいいのかを説明します。

効率が悪い

本屋でホームページ・WEB関連のコーナーに行くと、これでもか、というくらい書籍が並んでいます。
どれがいいのか悩んでるだけで数時間くらい使っちゃいそうですが、最初は、買う必要はありません。
参考書には、様々な意図や制約があり、本当に覚えなければいけないことに対して、ページ数が多すぎます。
あれを全部覚えようと意気込むと第一章で力尽きてしまうでしょう。
学生の頃、参考書マニアだった方は要注意です。

ホームページ・WEBは常に変化する

ホームページにも、流行があり、去年と今年では様子が大きく変わっています。
更に、流行だけではなく、日々WEBは進化しているので、常に新しい情報、新しい技術が作られています。
本だけで勉強しようとすると、どうしても時代遅れになりがちです。
新しい技術を常に吸収できるような勉強をしましょう。

html・cssのコピペができない

ホームページ制作に必須であるhtmlとcssは、全てタイピングしようとするとどうしても時間がかかってしまいます。
最初は、全てタイピングして練習するものですが、慣れてきて本の真似をしてみよう、と思ったり本に載っているhtmlのソースを写そうと思ったりしても、全て手打ちしなければいけません。
どうしても時間がかかってストレスになりがちです。

TRY & ERRORを繰り返す

htmlやcssを覚えてホームページを作っているとどうしても最初は、トラブルだらけです。
何で、言われた通りやったはずなのに、グチャグチャになるの?というのは誰しもが通る道です。
そんな時、どうすればいいか…。

最も上達しやすいのは、自分で色々いじってみることです。
取り敢えず、ここを変えてみたらどうだろう、くらいの簡単な気持ちでいいので、とにかくトライを繰り返すことがとても大事です。
大抵は、ちょっとしたミスが原因なことが多いです。
「悩んで考えるより、まずやってみる」これを忘れずに頑張りましょう。

詳しい人に聞く

TRY & ERRORと相反するような気がするかもしれませんが、そういうわけではないです。
どうしても上手くいかない→じゃぁここを変えてみよう→上手くいかない→諦める・やめる
これが一番最悪のパターンです。
そうなる前に、取り敢えず詳しい人に聞いてみましょう。
勿論、詳しい人にやってもらって終わり、では何の習得もないですが、詳しい人に何で上手くいかなかったか説明してもらいましょう。
そうすると、「あ~そう言えば、そんな事どっかで見たなぁ」みたいな感じでかつて勉強した事を忘れてしまっていた事に気付くことができます。
あまりにも長い時間悩むより、先に進むためには詳しい人に聞くのが一番です。

弊社のスクールに来ていただいてる生徒さんは、自宅学習をしていて分からないことがあれば、どんどんメールで質問をいただいています。(返信が遅れてしまう事があった事をこの場で謝罪します。。)
上手に利用して、効率良い学習をしていきましょう。

どんなホームページを作りたいか具体的にする

漠然とhtmlやcssの勉強をしていても、なかなか実感がわかないものです。
果たして、これらの勉強がどう役立つのだろう。。と目標がないとやる気減退にもつながります。
それだけではありません。後述します。

html、cssを覚えてやっと30%

通信講座や、大手の大人数のスクールではhtmlやcssの使い方を覚えるだけで何ヶ月もかけることはザラです。
正直言って、効率が悪すぎです。本の内容を全部暗記でもしているのだろうか…と疑問に思います。

html・cssは作るための道具にすぎない

こんなホームページを作りたい!そう思ったが吉日、意気込んで覚えたhtml・css。
果たしてこれで、ホームページはもう完成間近と言えるでしょうか?答えは、No!です。
html・cssはあくまでホームページを作るための道具に過ぎません。道具を揃えてからが本番です。

では、html・css覚えてから何をすればいいのでしょうか。

誰に何を伝えたいサイトを作るのか

ホームページを作りたいと思ったのはいいのですが、もう一度冷静になって考えましょう。
例えば、近所に大手の美味しいたこ焼き屋ができて、えらく繁盛していたとします。
うちも、同じようにたこ焼き屋を開こう!と思った時、どうやってライバルに勝つか考えましょう。
同じ味で同じ値段では、勝てません。THE.二番煎じです。

じゃぁ、味で勝負する?値段で勝負する?人柄で勝負する?特典やポイントで勝負する?
告知力で勝負する?立地で勝負する?店の雰囲気で勝負する?

どれが正解でどれが間違いかは、一概には言えません。
が、基本的には同じ土俵で、同じ事をしていては絶対に勝てません。

市場とライバルと自社を徹底調査

たこ焼き屋をするならまず、たこ焼き界を勉強します。
現状で、どのような人がたこ焼き屋を利用して、たこ焼きを食べにくる動機は何なのか、何の判断基準を多くが持っているのか、などなど調べます。
そして、ライバルはどんな客に対して、どんなサービスをしているのかだけでなく、資金力、宣伝力、人的資源力、などを調査します。
更に、自分のたこ焼き屋で、ライバルより優れている部分は?ライバルに劣っている部分は?など、強みと弱みを考えます。

局所戦で戦う

ランチェスター戦略、なんて用語がありますが、大手に勝つためには、局所戦に持ち込むのが鉄則です。
お客さんを獲得するためには、大手には無い、自社の魅力を最大限活用します。

近所の大手のたこ焼き屋が、老若男女あらゆる層を見込み客として展開していけば、自分のたこ焼き屋では、仕事帰りのサラリーマン向けにビール美味しいよ、居酒屋的な雰囲気でたこ焼きを出すよ、という感じで展開しましょう。
少なくとも、仕事帰りのサラリーマンには魅力的に見えるでしょう。

また、ライバルが早さ・安さで勝負するなら、たこ焼きを使った美味しい独自の料理を作って、値段ではなく美味しさを求めているお客さんをターゲットにしましょう。

以上のような事を考えて、初めて自分のたこ焼き屋のサイトを作ることができます。
誰にどのような気持ちで何を伝えたいサイトをつくるのかが見えてきましたか?

効果がでるホームページを作れるようになるために

作って意味のある、効果がでるホームページは、html・cssを覚えたら出来るわけではないのはわかっていただけたでしょうか。
正直なところ、ホームページ作成の場合html・cssを覚える勉強というのは、ただの道具集めなのです。
どう言った内容で、どのようなデザインで、どう見せるか、を考えることこそがホームページ作成の真髄です。

人それぞれ事情が違うため、本に書いているわけでもないですし、html・cssを覚えるだけの勉強では、決して見えてこない領域です。

ユナイテッドユースのホームページ作成教室では、html・cssの勉強だけではなく、残りの70%の部分を大事にした実践的な勉強を心がけています。
と、最後に付け加えさせていただきます。